ホーム 話し方教室 ボイストレーニング アクセント&イントネーション トレーニング 朗読 ナレーション・司会 ビジネスマナー・企業研修 ブログ

2020年06月26日

声や話し方のお悩み、お気軽にご相談ください。

思いのほか多くの方々が、声のお悩みをお持ちです。
「声が小さくてよく聞き返される」「滑舌が悪く話しづらい」「緊張すると声が上ずってしまう」「長時間話すとのどが痛くなる」「甲高い声を何とかしたい」「声が低くて暗いと言われる。明るい声になりたい」……これ等の方々には、ボイストレーニング入門のグループレッスンをお勧めします。近日中にセミナーのご案内を掲載します。

一方、短期間で声の表現を変えたい方には個人レッスンで対応します。たとえば、こんなケースがありました。
@金融機関で住宅ローンなど融資窓口を担当している30代の女性から「お客様から強い口調で言われることが多くって。いい仕事をするために軽く見られないで対抗できる話し方を身につけたいんです」
この女性、とてもきれいな声なのですが、少々甘く可愛らしい感じの話し方です。そこで、声の幅を広げ、落ち着いた大人の話し方に改善するためにボイストレーニングをし、ご自分での練習方法を伝授。また説得力のある話の組み立ても学んでいただきました。

A20代後半の女性「地方のアクセントやイントネーションが治らず、悩んでいます。上司からせめて会社名だけでも訛(なま)らないで言えないかなあと言われてしまって…やっと転職できた会社なので頑張ろうと思っているんです。何とかならないでしょうか?」
この方には、日本語アクセントの種類とアクセント記号のつけ方、イントネーションのしくみをレクチャー。電話応対・接客用語のイントネーションを徹底練習してもらいました。具体的には、私がお手本を示してからまねてもらい繰り返し録音。変化を聞き比べて「聴く耳」を養いました。家では、お手本の録音を何度も聞いて練習され、出勤直前の練習も欠かさなかったそうです。
3回の個人レッスンでしたが、楽器経験があったので音の高低をつかむのが早く優秀な生徒さんでした。

ちなみに、日本語のアクセントは欧米語のような強弱アクセントではなく、高低アクセントです。別名音楽的アクセントと言われます。単語の高低がアクセント、文章の固まりの高低がイントネーションです。

声や話し方のお悩み、スキルアップなどについてのご相談をお気軽にお寄せください。
ホームページ右上の「お問い合わせ」をクリックすると記入フォームが出ます。これに必要事項とともに、備考欄にご相談内容をなるべく具体的にお書きの上、お送りください。ZOOMでのご相談をご希望の方は、その旨お書き添えください。
下記あてご連絡でも結構です。
お電話 011−631−5016 オフィススウィング
メール swing.sy13@gmail.com





posted by 山口成子 at 20:14 | Comment(0) | セミナー案内
©Office Swing 【オフィススウィング】 北海道札幌市中央区北7条西24丁目2-1-303 TEL/FAX:011-631-5016

ホーム | 話し方教室 | 発声法・ボイストレーニング | アクセント&イントネーション | 朗読 | ナレーション・司会 | ビジネスマナー・企業研修

お問い合わせ | 所在地・地図